クレンジング最新ランキング|話題のクレンジングをご紹介

MENU

クレンジングでスキンケアを変える!人気の方法とその効果

 

 

洗顔や洗顔後のケアは注目されていることが多いですが、クレンジングも重要なケアです。

 

 

 

クレンジングもスキンケアの一つ

クレンジングで手を抜いてしまうと、そのあとのケアも台無しになってしまいます。
そこで、おすすめの人気スキンケア方法とその効果をご紹介します。

 

まず、自分の肌に合わせたタイプのクレンジングを探しましょう。
洗浄力の強いものから弱いものまで、様々なタイプがあります。オイルやシート状のもの、水タイプなどは非常にメイク汚れがよく落ちます。ミルクやクリームは弱いです。ジェルはその中間ほどの洗浄力です。

 

比較的おすすめなのが、ジェルタイプです。
肌に優しいタイプのものが多く、使用感もべたつきなどがなく使いやすいです。

 

一つ注意したいのがアイメイクです。

 

オイルタイプよりは洗浄力が弱いので、重ね付けしたマスカラは落ちにくく、こすってしまうことによって肌への負担になってしまします。
 
なので、目元だけは別にポイントメイク落としなどを使用して、落とすのが一番効果的です。
スキンケアとして有効なのは、しっかりとメイクを落とすことです。

 

 

ですが、自分の肌や化粧に合わないメイク落としをしてしまうと必要な皮脂まで落としてしまい、肌トラブルの悪化につながるので要注意です。

 

お化粧のタイプや肌質に合わせたケアを心がけましょう。クレンジング選びも重要なスキンケアの一つですが、それと同じぐらい、方法も重要なスキンケアの一つです。

 

スキンケアの方法

ごしごしとこすってしまったり、よく落ちそうだからと言って長時間洗顔するのは不正解です。
なるべく指の腹などで、ゆっくりと顔をマッサージするようにこすりすぎずにくるくると顔を滑らせるのが効果的です。

 

こすってしまうことによって、余計乾燥したり、シミやしわの原因になるなど、いいことがありません。

 

そのうえ、先ほども述べた通り、肌に必要なものも一緒に落としてしまう危険性があります。
洗顔時もそうですが、メイクを落とす際も、肌の負担をよく考えて、しっかりと自分に合ったケアをすることが重要です。

 

シートで落とす際も、アイメイクが落ちにくいからと、目の周りをごしごしとこすることは厳禁です。
目の周りは特にデリケートなので、こすらずに、メイク落としを馴染ませるようにして、優しく落としましょう。

 

中には、化粧落としと洗顔が一緒になっているものもありますが、オイルタイプのものなどと組み合わせて使用するのはあまりお勧めしません。

 

こちらも顔の必要な脂を落としてしまいがちで、余計に乾燥の原因になります。
ケアに必要なことは、自分の肌タイプや化粧のタイプをよく理解することです。
乾燥しがちなのか、皮脂汚れが多いのか、敏感なのか、それによって洗顔やケアも変わっていきます。

 

その日の状態に合わせたケアをするのが一番良いのですが、とても手間がかかるので、まずは、自分の肌タイプを見極めることから始めるといいです。
ケアの基本はまず「自分の肌をよく理解すること」です。

 

それに加えて、ケア用品はラインナップを統一することもお勧めです。
同じブランドが化粧水や乳液などで出ているものは、それぞれの特色を生かして作られています。

 

同じラインナップでそろえることで、しっかりとその効能を得られることが多いので、なるべくそろえるようにしましょう。

 

あれやこれやと色々と付けてしまうと良くないので要注意です。

 

水分も取りすぎればむくみの原因になるように、肌に与える栄養も、取りすぎてしまえば、ニキビや油分過多の原因になります。

 

ケアのし過ぎで皮脂が不足すると、それを補うように多量の脂が分泌されます。
乾燥が原因で吹き出物ができてしまうケースも多々あるので、こちらも同様注意が必要です。

 

主に気を付けなければいけないことは、「肌質を知る」「化粧の濃さを考える」「アイメイクはポイントメイク落としを使用する」「メイクを落とす際は優しくマッサージするようにする」「洗顔後のケアも優しく」です。

 

冬の時期になると特に乾燥がひどくなりがちなので、保湿はしっかり行いましょう。
せっかくきれいにメイクを落とせていても、そのあとのケアがしっかりしていなければ台無しです。

 

美肌を保つための注意

 

 

最大限まで自分の肌レベルを上げるためには、基礎からしっかり正確なケアしましょう。
メイクを落とした後の洗顔でも、なるべくこすらずに、こちらもマッサージをしながら行うのが一番良い方法です。

 

マッサージと言っても、肌を直接さわるのではなく、指と肌の間に泡をしっかりとはさみ、泡だけで洗顔するのがベストです。

 

なるべく摩擦を減らすことは、エイジングケアの基本です。
肌を指でこすってしまうと肌への負担がとても大きく、せっかくのケアを台無しにしてしまう原因になりがちです。

 

こちらもメイク落としと同様、あせらずにしっかりとケアを行ってください。
シャワーなどの刺激も肌にはあまりよくありません。

 

化粧落としや洗顔料を洗い流す際は、手でお湯をすくって、肌にあてるようにして優しく落とすのが良いです。

 

シャワーを直接あててしまうと、水圧で肌を気づ付けてしまう恐れがあります。
それも肌への負担となりかねないので注意しましょう。

 

肌をケアする際は、なるべく肌への負担を減らすことが重要なカギとなります。
メイク落としや洗顔をしっかり見直して、日頃のケアを変えることで、化粧ののりもかなり変わります。
 
肌のキメが崩れていたり乾燥していたりすると、メイクの崩れの原因になったり、ファンデーションが浮いてしまったり、よれてしまったりなどなど、何もいいことがありません。

 

働く女性や家事や育児に忙しい方はケアを怠りがちですが、なるべく肌をいたわることで、気になるシミやしわの改善、エイジングケア、たるみの予防につながります。
面倒でも、洗顔、メイク落としには手を抜かずにしっかりとケアしましょう。

 

最後に、乾燥は肌トラブルで最も大きな敵です。
保湿は十分に注意して行うことで肌の状態をよくします。

 

 

 

メイク落としや洗顔の後は特にどんどん乾燥していってしまいます。

洗った後はすぐに保湿を行うようにして、いつまでも若々しい肌でいられるように心がけて、美肌を手に入れましょう。

 

おすすめクレンジングオイルランキングTOP3

クレンジングを選ぶ際には、頑固なメイクも落としながらも肌は傷めないものがおすすめです。そこで、最近のクレンジングランキングトップ3をご紹介します。

 

 

 

ファンケルマイクレオイルの特徴

ファンケルマイクレオイル(ファンケルマイルドクレンジングオイル)は、無添加でありながら肌を擦らずにメイクを落とすことができるクレンジングオイルです。

評価 評価4.5
ファンケルマイクレオイルの総評

このクレンジングオイルは、まつ毛エクステやウォータープルーフマスカラなどにも使用でき、手が濡れている状態でもクレンジング力が落ちることがありません。擦らずにのせるだけでするんと落ちることから、5秒に1本の割合で売れています。

最近のファンデーションなどは、化粧崩れが起きず長時間キープできるように頑固なものがほとんどです。そのため、メイク落としで肌をゴシゴシとこすり洗いをしてしまうことが多いのです。肌にとってはこのゴシゴシがとてもダメージが大きく、乾燥や小じわができる原因になっています。

肌を擦ることで、気付かないうちに肌バリアを低下させてしまい、紫外線などの外的刺激が角質層の奥まで侵入してしまいます。これが原因で肌内部の水分が蒸発してしまい、乾燥や肌荒れが起こってしまうのです。しかし、メイクを落とさないことは毛穴に老廃物を溜めることになり、吹き出物などの原因となります。

そこでメーカーでは、こすらなくてもメイクを落とすことができるクンレジングオイルを研究し、開発しました。マイクレオイルの特徴は、@スルスルと伸びる、A素早く落ちる、B洗い上がりがスッキリ、という3つがあります。

@オイル自体にとろみがあるため、のびが良く肌を擦らずにまんべんなく顔全体に伸ばすことができます。 A抜群のクレンジング力を持っており、頑固なメイクにも素早くなじんで浮き上がらすので、こする必要がありません。
Bメイクが浮き上がってくるのでスッキリと洗え、洗い上がりはヌルつきが無くサッパリとしています。

メイクを浮き上がらせるのは、オイルに頑固な汚れや脂を溶かし出す効果があるからで、このオイルには、その溶かし出す機能がより強力になった「角栓クリアオイル」を新たに配合しています。これにより、毛穴に詰まっている角栓まで溶かして浮かし出します。

これだけ強力なクレンジング力を持っていながら、防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤などは一切使っていない、無添加クレンジングオイルです。

 

オルビスクレンジングリキッドの特徴

オルビスクレンジングリキッドは、14年間連続でオルビス化粧品の中で売上ナンバー1を誇っている、人気商品です。2015年では、オルビス社員の中で最も売れたのもこのクレンジングリキッドでした。

評価 評価4
オルビスクレンジングリキッドの総評

このクレンジングは「リキッド」と呼んでいますが、それは「オイルを一切使用していない」からです。そのため、洗い上がりのベタつきなどがなく、さっぱりとしています。オイルフリーであるところも、クレンジングリキッドの人気理由の一つとなっているのです。

クレンジングリキッドには、その他にも大きなメリットがあります。 それは@メイク浮きが素早い、
Aヌルつかない、
Bすすぎがスピーディー、
Cお風呂でも使える、
D肌が乾燥しない、
という5つのメリットです。
オイルを使用せずにクレンジング力を高めるため、メーカーでは洗浄成分に着目しました。メイクをリキッドの洗浄成分が吸着させ、それを親水成分が浮き上がらせることで効果的にメイクを落としていきます。

また、オイルフリーであるため、メイクを浮かせた後肌から離れやすくすすぎも一度で完了します。水との親和性も高いので手が濡れていても洗浄力は落ちることがありません。そのため、お風呂でも使用することができとても便利です。
 
このリキッドは、クレンジング剤であるのに、その30%以上が保湿成分からできています。従って、クレンジング後のツッパリ感などが無くツルツルで、乾燥することもありません。

実際に使用した人からのレビューも多く、そのほとんどがメイクをしっかり落として、洗い上がりにも満足しています。

 

maNaraホットクレンジングゲルの特徴

マナラ・ホットクレンジングゲルは、4年連続でクレンジング売上シェアナンバー1を獲得しており、ダブル洗顔不要の美容液配合クレンジングです。

評価 評価3.5
maNaraホットクレンジングゲルの総評

このクレンジングゲルが売れている理由は3つあります。

1つは、美容液成分が実に91.4%も配合されているところにあります。
配合されている美容成分としては、ヒアルロン酸・コラーゲン・ローヤルゼリー・セラミド・スクワランの5つの保湿成分です。これらの成分が、洗い上がりの肌に効果的に吸収されていくため、つっぱることなくプルプルの肌になります。

また、5つの保湿成分がしっかりの働くために、無駄な7つの成分は一切排除しました。その成分は、着色料・合成香料・鉱物油・石油系界面活性剤・エタノール・パラベン・紫外線吸収剤です。


2つ目は、吸着力の優れたゲルが毛穴汚れまでしっかりと落とすところです。
5つの美容成分は、潤いを与えるだけでなく角質を柔らかくして、メイクはもちろん、古い角質や毛穴汚れなどをも取りやすくします。そしてオリーブオイルとメドゥフォームオイルが、毛穴の奥まで入って汚れを溶かし出します。

浮き出てきた汚れを吸着力の優れたゲルがしっかりと絡め取っていきます。汚れが取れた毛穴は、3種類の植物由来エキス(ノイバラ果実エキス・アーチチョーク葉エキス・オウゴンエキス)で滑らかにします。


3つ目は、ブースター効果によって美容成分がグングン浸透していき、潤いある肌に変えてくれるところです。
オリーブ油脂肪酸であるエチルヘキシルが角質層を柔らかく整え、サボテンエキスが肌の水分バランスを整えることで水分を閉じ込め、潤いを逃がさず保ちます。これにより、クレンジングをするたびに肌の汚れや古い角質が取れ、潤いと透明感のある肌を手に入れることができるのです。

メーカーでは、「実感できる効果」と「7つの無添加」を実現させるため、何度も試作を繰り返し研究・開発を重ねてきました。そうして完成したのが、このmaNaraホットクレンジングゲルなのです。